石井稔無農薬有機栽培米・研究会

出穂が始まり、そして登熟へ

お盆の時期も過ぎ、日本海側を北上した強い風を伴う台風も、激しい雨が一時降りましたが、大きな被害災害もなく過ぎて行きました。
まだこの季節、いつ台風が来るかわからないので油断禁物です。
また初夏までは冷害再来かと思うほど気温も低く、日照不足が心配されましたが、連日の好天がその心配を吹き飛ばしました。
石井の田も出穂も無事に終え、日々登熟を見守りながら田の土が熱くなりすぎないように、間断冠水を繰り返し根が元気なまま穂が実るように、毎日稲たちと話しながら見守っています。
あと一ヶ月半少しで刈り取りの時期を迎えますが、無農薬有機栽培米のおいしさと安全のお米への仕上げには、ここ登米の地も気温がぐっと冷え込み始めないと完熟に至らないのです。

▶ 過去の新着情報一覧

新元号『令和』記念
期間限定特別販売会