石井稔無農薬有機栽培米・研究会

無事に帰国、早速田植えの準備に

16日夕方、成田に無事に帰着しました。
そのまま翌日は仙台市内で金融機関が主催する農業支援の商談会に出席。
石井は、初めての時差ぼけに苦しみながら、来て頂いたお客様に無農薬有機栽培米について説明を続けました。

さて今年の田植えは、例年より少し早まります。
石井のするどい感と気温の高さがそうさせるようです。
石井は26日に、例によって「何をするんだ?」と叫びたくなる、稲の苗葉をカットする作業に入るようです。
その後に引き続き、家族総出で田植え作業となります。

写真は、カナダを出発する前のわずかな時間に、お世話になった白木さんに連れて行っていただいた、周辺にあるハーバーと原住民の記念公園でのひととき

▶ 過去の新着情報一覧

新元号『令和』記念
期間限定特別販売会